こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

この週末は、イベントが盛りだくさん。

昨日の2件に続いて、本日3件!「マナビ」あふれる週末になりました☆

どんな時も、楽しく、学ぼう♪

午前中のキレイな手書き文字レッスン。本日のテーマは、「お悔み文」。

故人を悼み、残されたご家族を思いやる文章は、

日常会話ではほとんど使わない、とても丁寧な言葉が使われます。

そんな文面の練習となれば、少し重い空気になるのかと思えば、

さすが、新見先生。今日も、とても楽しい時間となりました。

P5220521

 

 

 

 

 

 

 

すぐに気持ちは伝えられるけれど、カタチに残らない、電話や対面の言葉と

いつでも、どこでも、何度でも読み返すことができる、手書きの言葉。

それぞれに長所、短所があります。

今日は、いつも以上に手書き文字のよいところをたくさん教えていただきました。

また、ひらがなや漢字のボリュームによっても、相手のことを想う気持ちが

伝わるという、ポイントも!

それから、忘れてはいけないのが、ペンの持ち方や紙の置き方。

文字のサイズやレイアウトも、とても大切です☆

 

マナビの要素が盛りだくさんの手書き文字レッスン。

ひらがなの「え、ち、も」の書き方を改めて学んで、

衝撃を受けていらっしゃった方も(笑)

 

来月は、6月12日(日)10:30~の開催です。

京都ヒトマナビカフェは、5月末で閉店しますので、

勉強やお仕事の場としての利用はしていただくことはできませんが、

イベントは継続開催いたします☆

ご都合のつくかたは、是非ともご参加ください!