こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

終日雨だった昨日とはうってかわって、本日快晴の京都市内。

京都マラソンの日です。京都市内が応援ムード一色のこの日、

久しぶりに会員の稲熊さん主催の勉強会が開催されました。

【最悪】から【良好へ】を体現した、稲熊さん。

サブテーマは、〜【最悪】から【良好へ】〜。

ご自身が体験した、【最悪】の時代。

4年かけて、現在の【良好】状態にたどり着かれました。

どんな葛藤があったのか、

どんなふうに自信の気持ちをコントロールしたのか、

どのように自分自身と向き合うようになったか、

ひとつひとつ大切に語ってくださいました。

 P2210402

 

 

 

 

 

 

参加された方の中で、こんな方が。

「今回参加しのは、稲熊さんに会いたかったからです。

 数年前に初めてお会いした稲熊さんと今の稲熊さんは、明らかに

 表情が違います。どのような4年間を送ったら、今のような表情が

 できるように変わるのか、是非直接お話を伺いたかったんです。」

何て素敵な理由でしょうか☆

 

ヒトマナビカフェでは、久しぶりの主催イベントにもかかわらず、

貫禄ある語りと、場作りをされる稲熊さん。

話し方も、以前と比べ、ゆっくりと落ち着いた口調になられたようです。

和やかにワークは進められ、何度も笑い声が飛び交いました。

非常に良い表情をして、勉強会を進行されている稲熊さん。

終わった時には、「いやぁ、やりきりました!!」と、

とても清々しい表情をされていました。

これまで稲熊さんにお会いした中でも、一番の笑顔でした。

 

暗黒の時代は、誰もが通る道かもしれません。

でも、それをしっかりと「最悪」と認識し、そこから自力で

抜け出し、「良好」と認識できる状態にする。

ひと言で言ってしまうと簡単ですが、本当に難しいことだと思います。

それをご自身で進めている稲熊さん。本当に素晴らしい方です。

「良好」とはいえ、まだまだ発展途中。「最良」と認識するには、

またもう一段階違う「何か」が必要なのかもしれません。

専門的なことはわかりませんが、

今後の稲熊さんから、益々目が離せません。

 

稲熊さんの応援をしながら、良いお手本として、自身の生き方の参考に

させていただきたいと思います。

会員さんからのヒトマナビでした♪

稲熊さん、今日は本当にお疲れ様でした。

そして、ありがとうございました!!!

 12244526_10208770976815072_4830200029187687157_o