こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

実は、7月から日本語教師のお仕事を始めました。

先日、ブログで少し紹介した、7月から続けているチャレンジというのは、

この日本語教師の仕事のことです。

1月以降の担当が発表され、7ヶ月目に入ります。

なんとか、続けていけそうなので、Facebookでの決意表明とあわせて

このブログでも報告させて頂きました。

job_sensei

教師に必要なチカラ

日本語を日本語で教えるチカラはもちろんのこと、

非常に様々なチカラが必要なんだなぁと、仕事を始めて痛感しました。

●パフォーマンスするチカラ

●段取りするチカラ

●整理するチカラ

●レイアウトするチカラ

●意欲をかきたてる/維持させるチカラ

他にももっと・・・・・

チカラがどれだけあっても足りません(笑)

 

授業中は、一人で学生の前に立ちます。

学生が話を聞きたいと思うように授業を進める必要がありますし、

理解させて、定着させる必要があります。

それをするためには、どのタイミングでこのイラストを見せるか。

どの順番でカードを出すか。

ホワイトボードの板書は、どこにどれくらいの大きさで書くのがいいか。

そして、板書を消すタイミングは????

ベテランの先生の授業は、まるで手品のようです。

次から次へのカードやイラストが出てきて、

ホワイトボードの板書も、無駄がなく、とても美しい。

板書を消しながらも、学生に声を掛けて、1分1秒無駄がありません。

授業を離れても、毎日の宿題を回収、そして翌日提出してもらえるように返却。

定期的にあるテストの採点や点数チェックなど、データ管理やデータ処理業務も

ハイスピードで要求されます。

 

そして、学生に学習意欲を持ち続けられるように、働きかけも忘れずに☆

 

大学を卒業してすぐに日本語教師になるのではなく、社会経験を積んだ今だからこそ、

これらの仕事に対して向き合うことができるように思います。

今まで培ったビジネススキルを活かしながら、日本語教師のキャリア形成を

していきたいと思います。

 

Wワークを応援してくれる会社のメンバーには、本当に感謝の言葉がみあたりません。

2016年も、Wワーク、頑張ります☆