こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田です。

京都市美術館では、2015年6月16日から、
ルーブル美術館展が開催されています。
テーマは、「日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」

16世紀初頭から19世紀半ばまでの絵画約80点が展示され、
日本初公開のフェルメールの名作も公開されているそうです。

ということで、ヒトマナビカフェでも、これにちなんだ勉強会を開催します☆

e37e34b70f801f81a904211b5c642f69_m_R

ふらんすサロン vol.3 ~ケセラセラ☆仲間とつくるコミュニティ~

毎回テーマに基づいたフランスネタを持ち寄って、
「フランス」に関する知識や「フランス愛」を
深めましょう☆という「ふらんすサロン」。

今回のテーマは、【フランスの美術(館)】

フランスでの美術作品に触れたお話だけでなく、
京都市内で、ルーブル作品を楽しんで来られた方の
お話も是非お伺いしたいものです☆

・どうして、パリは「芸術の都」と言われるの?
・フランス有名画伯のオドロキ話
・おすすめの美術館の話
・ルーブル美術館の楽しみ方

などなど、脱線大歓迎のシェアTIMEを楽しんで頂いた後は、
「la récréation」として、フランスに関わる簡単なゲームや
言葉あそび等にチャレンジ!

今回、「la récréation」は、簡単なクロスワードパズルを
予定しています。身の回りにあふれるフランス語や
初心者の方でも、わかりやすい簡単な言葉を使って
楽しい時間を過ごしましょう☆

ケセラセラ♪
フランスに興味がある方と共につくる「ふらんすサロン」

お気軽にご参加下さい。

————————–————————–-
■日時■
2015年 7月 18日(土)13:30~15:30
           @京都ヒトマナビカフェ

■今回のトークテーマ
【フランスの美術(館)】
  ※テーマに関するネタなら、何でも大歓迎☆

■参加費■ 
<京都ヒトマナビカフェ会員>
開催時間が、ご利用プラン内の方→→無料
開催時間が、ご利用プラン外の方→→500円
 ※ツドユース含む

<非会員の方>800円

■持ち物■
・フランスに対する情熱や興味
・(お持ちの方は)テーマに関するネタ

■主催者■
梅澤 昌嗣さん(ヒトマナビカフェ会員)

■申込方法■
コチラ」から参加エントリーをお願いします。Facebookご利用の方は、コチラ