こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

実は、先日引越し先の物件を内覧に行きました。

町家の一戸建て。

現在住んでいるマンションに引っ越ししてから、3年3ヶ月。

住んでいるこの3年間、徒歩5分圏内に非常に品揃えが豊富な

スーパーができました。営業時間も夜の12時まで。

最寄り駅と自宅までの間にコンビニが出来ました。

住んでいる間に、どんどん便利になるご近所。

間取り、家賃、立地など、全てに満足しています。

1点難があるとしたら、お隣の生活騒音。。。。

これはどこに住んだとしても発生する問題なので、目をつぶります。

そんなに満足しているにも関わらず、ネット広告でパッと出てきた

素敵物件☆思わずクリックしてしまいました(笑)

myhome_family_kengaku

引越のデメリットをうわまる期待感

引越をこれまで何度かしてきましたが、「しなければならない」状態に

ならないとしてきませんでした。

引越は、お金がかかるかかるだけでなく、非常に時間と労力がかかります。

できるならしたくないのが、引越。これが持論です。

大げさに言えば、デメリットばかり。。。。。

ところが、今回見つけた物件は、2階建ての一軒家。しかも、家賃が今よりも安い。

そして、敷金礼金なし。築30年ほどですが、5年前に改装済み。平米数も今よりも

約20㎡広い!もしかしたら、今以上に快適な住まいが得られるのでは????と、

これまで思ってきたデメリットを一掃するメリットが見えた様な気がして、

内覧することにしました。

 

・・・・期待しすぎたこともあり、内覧後は、少し残念な気持ちになりました。

まず、間取りがイメージとあいませんでした。事前に間取りを把握していたのですが、

写真と実物は少し異なりました。平米数は現状よりも広いのに、それぞれの

部屋が狭いので、今使用している家具を置いて生活するイメージが全く持てなかったのです。

そして、何よりも、駅から遠い。徒歩15分。

周辺の立地状況は悪くないものの、全てにおいて、今の物件を上回るポイントが

ありませんでした。。。。。

期待しすぎたのもあったのですが、改めて現状の良さを改めて実感。

今の住まいをより快適にするためには???と、考えるようになりました。

より良いものを追求するには、AをBにスイッチするのではなく、

AをスーパーAにバージョンUPする方が良い時もあるようです。

 

青い鳥症候群的に、もっと良い条件はないか~と、他を見てみました。

他を見たことで見えてきた、今の住まいの良さ。

動いたからこそ見えた世界。

苦手だからといって、「しない・しなくてもいい」と決め付けて、

行動していなかったら得られなかった感覚です。

思いがけないヒトマナビ。やっぱり、「動く」に限ります!!!!