こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

5月9日、大人気勉強会、「通訳ガイドKENZOと学ぶ、京都勉強会」が

開催されました。

脱線大歓迎の勉強会★

「KENZO’s 通訳ガイドサロン編」と題して、京都検定問題をベースに

通訳ガイドに役立つ知識をシェアしながら勉強をして頂いています。

今回取り組んだ、京都検定の過去問題に取り上げられていたのが

嵐山の車折神社(くるまざきじんじゃ)の「三船祭」

「扇を川に流す」のですが、さてさて、これを英語で言うと?????

色々なフレーズが飛び交いました。

・・・・なるほど~。それは、わかりやすい表現かも!!!と、

参加者の皆さん同士で、納得の表現が出た時です。

「ところで、「流しそうめん」って、英語で何ていうんやろ?」

KENZOさんから出た、素朴な質問。

そもそも、「そうめん」という食べ物自体も、海外の方には馴染みが

ないでしょう。そうめんの原料って何?そして、何で流すの???

 

「扇を流す」から「そうめんの原料」にまで、話が飛んでしまいました(笑)

しかし、そうやって色々なことに疑問を持つことに寄って、

ボキャブラリーや知識が増えていくとのことです。

「脱線しすぎて、準備した問題が全部出来ないこともあります。

 すみません!!!!」と、KENZOさん(笑)

P5090024

今年は京都検定1級を目指します!

そんな精鋭達が集まりました。

答えがわかっていても、「書けない・・・・」そんな試練が待っているのが

京都検定1級。今年1級を受験予定のKENZOさんは、

「試験直前は、漢字の勉強に徹します!」と、おっしゃっていました。

お客さんを楽しませる「おもてなし」のプロKENZOさんは、いつも楽しく明るく

新しい学びを吸収していらっしゃいます。まさに、マナビスト!

そんなKENZOさんを慕う仲間の存在が、またKENZOさんの背中をプッシュ!

これ(↓)は、第50回目の勉強会のサプライズプレゼントです。

11206628_715103245265463_2635404893806586919_o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都検定を受験された皆さんが合格し、一緒にお祝い出来ますように♪