こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

今日は、成人の日。朝から、すでに晴れ着姿の方々を見かけました。

ピンク色の着物が初々しくて、素敵でした。

着物は、もう長い間袖を通していません。最後に着たのは、

もう2年前です。。。。。今年は、着る機会を設けたいなと

思います。と、影響されたのは、成人式からだけではありません!

昨日、いつも「美文字セミナー」でお世話になっている、

新見ちふみ先生の書道教室の書初め展に行ってきました☆

10401396_10205901382557009_4409032306928836842_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルートとギターの生演奏にあわせて、新見先生が、

実際に一筆!という、素敵なパフォーマンスに、感銘を受けました。

着物姿の新見先生が、JAZZが流れる中、美しい作品を仕上げていくという、

非常にシンプルなパフォーマンスなのですが、すっかり引きこまれてしまいました。

10419956_10205901384477057_5140179822702185514_n 10806287_10205901383477032_2051242589194162674_n

楽しみながら、文字を描くということ

新見さんのパフォーマンスは、もちろん素敵でしたが、

展示されている作品一つ一つが、とても素晴らしかったです。

「うちの教室では、段とか級とか、そういうものは設定していません。

 線をキレイにかいたり、美しく書くことは、実はそんなに難しく

 ありません。それよりも、いかに楽しんで書道と触れ合っていただけるか

 を、大切にしています。

 学校で嫌なことがあったり、本当は書道教室よりも友達と遊びたかったのにと、

 イヤイヤお稽古に来たとしても、文字を書いているうちに、楽しくなった♪と、

 帰宅していただけるような場にしたいと思っています。

 展示作品には、お手本がありません。それぞれが思うままに、仕上げた作品です。

 のびのびと楽しみながら書いたことが伝わるかと思います。(以下省略)」

 

という、新見さんの挨拶があったのですが、納得です。

昨年から、私の15年来の友人も、新見先生の教室に通いだしたのですが、

彼女も初出展☆お手本がない中で、自分自身の思いを「書」として立派に表現しました。

「難しかった~。書いても書いても、ようわからん(笑)」と、

言っていましたが、友人がこんな素晴らしい作品を残したのを見て、

彼女を誇らしく思ったり、こんな作品を生み出す彼女が羨ましく思ったり、

改めて「書道っていいなぁ」と思ったりと、いろいろな想いが錯綜しました。

 

彼女の作品の中に「言」という文字がありました。2画目が、柔らかく丸みを

帯びた書体になっていたところが、凄く好きだったと伝えると、

「あそこは、なぜか丸くしたかった」との返事。

彼女の想いがこもった作品です。沢山時間を掛けて、本当に大変だったと

言っていましたが、無事展示会が終わって、非常に満足そうでした。

彼女なりに楽しんだようでした。

 

やはり、楽しみながら何かに取組むことは、素敵ですね☆

新見先生の書道展、おじゃまして本当に良かったです。

 

昨年までは、「美文字セミナー」として開催していましたが、

今年からは、「キレイな手書き文字レッスン」と、名前を変えて、

リニューアル。

1月25日(日)10:30~ヒトマナビカフェにて開催します。

楽しく文字を書くことに、ご興味がある方は、是非ともご参加下さい。

エントリーは、コチラから。Facebookご利用の方は、コチラ