こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

ヒトマナビカフェがOPENする前は、社内で企画業務をしたり、

営業をしたり、総務業務や営業事務的な業務をしたりと

社内で、様々な業務をしてきました。

前職は、京都市内の写真会社で、撮影の仕事をしていました。

2002年5月末で退職していますので、もうかれこれ12年半前になります。

年末だからというわけではありませんが、ふとしたきっかけで、

当時一緒に働いていたメンバー3人と久しぶりに会いました。

job_cameraman_woman

変わるものと変わらないもの

現在43歳のTさん、37歳のYさん、35歳のMさん。

当時、私は社員。Tさんは、「嘱託」、YさんとMさんは「アルバイト」

でしたが、主に仕事内容はほとんど一緒。

Tさんは、写真学校を卒業後、イロイロと写真の仕事をしていらっしゃいました。

ちょうど仕事を始めた時期は、私と同じです。

私が入社後、しばらくして、MさんとYさんが加わりました。

Yさんは、主に現像所(ラボ)での勤務、Mさんは一緒に撮影に行きました。

 

今も写真の仕事をしているのは、Tさんのみ。

Yさんは、百貨店で販売員。Mさんは、メーカーで化粧品容器の設計士。

それぞれ家庭を持って、幸せそうにしています。

 

当時、仕事の休みが不規則だった私達は、

社外の友人との時間はなかなかとれなかったこともあり、

会社のメンバーと頻繁に食事に行ったり、私の家で鍋をしたり

していました。(2週間に1回は、私の家におじさん達も来ていたような・・・)

今回、この3人が一緒に揃うのは、恐らく12年振りです。

Mさんは数ヶ月前に会いましたが、

Tさんにお会いするのは、7年半振り、Yさんに会うのも1年ぶりという

久しぶりの再会。

camera_film

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ラボ」って、響き、懐かしいな~!!!

当時は、まだフィルムを現像して、印刷するという時代でしたから、

勤務場所そのものが、今となっては驚きの対象です。

そんな今と昔の比較話から、当時の仕事の話、当時の同僚の近況、

当時の恋愛事情などなど、久しぶりに会ったにもかかわらず、

当時の鍋パーティNIGHT復活!!!と、言わんばかりの盛り上がりでした。

 

当時、毎日が体力勝負でした。雨の中、カブに乗って撮影に出ることも

しょっちゅうでしたし、結婚式の撮影が1日3件という日も・・・・。

働き方やバックグラウンドが違えども、同じ仕事に一生懸命取り組んだ仲間。

現在の仕事はそれぞれ違いますが、苦楽を共にした仲間は、

本当に貴重な存在だなぁと実感。

 

2月くらいには、もう少し規模を広げて、集まろう!という企画があがりました。

当時の仲間に、恥ずかしくないように、日々精進したいと思います☆