Good morning!!

と、そんな挨拶をしたい、京都ヒトマナビカフェ高田亜紀子です。

今朝、日経新聞のニュースで、

「ソフトバンク、TOEIC900点で100万円 社員に報奨金」 という

ニュースが報じられていました。

外国語に対して、特別視をしてしまう日本ならではの策のように感じました。

さて、本日は金曜日。

ヒトマナビカフェでは、「Karasuma-Reading English!(スマ読English)」が

開催されています。

耳に馴染む英語

「英語のスピーチを聞きながら、英語に触れる機会を作る→感じたことをシェア」という

シンプルな構図ですが、この機会を継続することが、英語力を維持するコツなのかと

思いました。

 

本日のスピーチは、通常の方に比べて、若干早口の方でした。

リスニング用のスピーカーの話し方とは異なり、「生の英語」。

この「生の英語」というのが、Karasuma-Reading English!(スマ読English)の

良い所。

リスニング用のCDを聞いて耳を慣らすのも、悪くはないと思いますが、

実際の会話となると、話し方は千差万別。リスニングのスピーカーのように

丁寧に、クリアに話す方はほとんどいらっしゃらないでしょう。

だからこそ、「実際に使う英語」を習得するためには、

たくさんのネイティブスピーカーと話をするのが一番早いのでしょうね。

 

そういう意味では、毎週金曜日のヒトマナビカフェでの時間は

かなり有効なのでは!!!と、改めて感じた朝でした☆