こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

昨年7月から日本語教師にもチャレンジしています。

日本語を母国語としない、外国人に日本語を教えています。

私たちが学校で習う「国語」とは勉強の仕方が、少し異なります。

動詞の活用方法は、「未然、連用、終止、連体、仮定、命令」と習った国語。

私が教える「日本語」では、動詞の活用方法は、

「ない形、た形、て形、辞書形、普通形、条件形、意向形、可能形、受身形、、、」と

日本語ならではのルールに基づいて教えます。

初級1のレベルでは、日本語の初歩的な用法をはじめ、基本的な動詞の活用を

徹底的に教えます。学生たちも、質問する日本語力がないので、インプットに必死です。

study_nihongo

ただ「伝える」では、意味がない。

自動詞、他動詞。そして、意志動詞、無意志動詞。

初級2の学生にとって、理解が少し難しいポイントに差し掛かりました。

今教えている、初級2では、語彙数も増えましたし、動詞の活用の幅も広がりました。

授業でも、インプットだけではなく、疑問に思うことを言語化し、

質問ができるようになりました。

授業の進行カリキュラムに沿って、授業の内容を組み立てるのですが、

学生からの質問がたくさん飛び交うと、予定通りに進みません(汗)

ただ、教科書通りに「伝える」だけでは、学生の理解が及びません。

学生がどんなところを疑問に思うのか、学生が理解しやすいように伝えるには

どうしたらいいか、教える側にとっても、非常に難しいポイントです。

 

これは、相手が留学生だから・・・ではなく、全てのことに通じる、

大切なことです。

仕事でも、同じ。

日本語教師という仕事を通して、自らの仕事の仕方、仕事への取り組む姿勢を

日々反省する機会を得られたと思っています。

「伝える」と「伝わる」の違い。

しっかりと心に留めて、仕事人として、努めたいと思います。