こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

本日は、5月5日、こどもの日です。

そして、「端午の節句」。

女系家族に育ったために、鎧兜、五月人形、鯉のぼりなどには

全く縁がなく育ったので、なじみが全くありません。

「昭和55年5月5日に生まれの妹の誕生日」というのが、

我が家の「こどもの日」でした。

男の子の成長を祝うための日とされているのは知っているものの、

知識が全くないので、少し調べてみました。

gogatsu_ningyou

菖蒲から尚武(しょうぶ)へ!

もともとは奈良時代に伝わった風習で、菖蒲(ショウブ)や蓬(ヨモギ)を

軒先にさして、邪気を払う風習をする日だったそうです。

その風習が次第にすたれていき、尚武(しょうぶ=武をたっとぶ)の気風が強い、

武士の勢力が強くなる時代へ。そのうち、「菖蒲」と「尚武」をかけて、

端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになったとか。

江戸時代に入ると、徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、

式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになったそうです。

将軍家に男の子が産まれると、いつも以上にお祝いをしたようです。

というような時代の変遷を経て、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事が、

男の子の誕生の祝いへと結びついていったという説があるそうです。

風習は武士だけでなく、広く一般の人々にまでじわりじわりと広がりました。

飾り物も、時代とともに少しずつ変化し、江戸時代中期には、武家には幟(のぼり)、

町人には鯉のぼりが主に飾られるようになりました。

その後、それぞれのデザインや大きさは地域や家族によって個性が生まれ、

現代にいたるそうです。

koinobori_house

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。。。

日本に住んでいながら、このような慣習は、改めて調べないとわからないというのが、

残念ですが。とても興味深い内容でした。

次に大空を豪快に泳ぐ鯉のぼりを見るときは、違って見えるかもしれません。

 

ちなみに、男の子だけのお祝いの日?と思いがちですが、

「こどもの日」は、昭和23年に「国民の祝日に関する法律」で

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日と

なり、男女の別なくお祝をするようになったそうです。

 

いろいろヒトマナビできた、5月5日でした。