こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

昨年7月から日本語教師にもチャレンジしています。

15名~20名程度の学生に授業するスタイルでやってきていましたが、

この4月からは、マンツーマンのプライベートレッスンにも挑戦中です!

マンツーマンレッスンは、木曜日に3名を担当しています。

大勢のクラススタイルと異なり、マンツーマンは、学生が一人だけということもあり、

学生のペースに合わせて授業ができます。

出来る学生、できない学生が混在して、授業に飽きさせることなくできるのは

良いのですが、こちらの思う様に進まないのが、何とも難しく、面白いです。

しかし、今までのわずかながらの日本語教師の経験や、

これまでの社会経験、そして、本社での仕事経験が非常に活かされています。

日常の些細な経験が・・・・

プライベートレッスン3名のうち、1名は、京都市内にある大学で働く研究員です。

日本企業に就職するための、面接の練習をするというレッスンなのですが、

今日は、日々の仕事の中で苦手とする電話対応の練習をしたいというリクエストがあり、

急遽電話対応レッスンになりました。

改めて、オフィスでの仕事経験があってよかったと思いました。

日本語教師を長年されている先生や、元学校の先生の場合、

オフィスで使うような電話は不慣れな方も多いでしょう。

私の場合、オフィスでの仕事経験があるため、非常にスムーズに練習ができました。

そして、改めて、丁寧な電話対応の仕方を考えることができました。

denwa_business_woman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの経験は、いつかどこかで役にたつ。

 

そんなフレーズは、気休めだという方もいらっしゃるかもしれません。

でも、些細な日常の経験でも、役に経った経験を一度してしまうと、

毎日のちょっとしたことが、なんだか楽しくなります。

些細なヒトマナビが、未来に役立つ☆

とても大切なヒトマナビでした。