こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

本日、春節。中国をはじめとする地域のお正月です。

通っている日本語学校では、午前中の授業2コマを使って、

かるた大会を行いました。

私が担当するクラスは、初級1クラス。この1月から日本語を勉強した

ばかりのクラスです。

彼らに、かるたとはなんぞやと、説明するのは、とても難しい。

はてさて、なんと説明したものか・・・・と、悩んだ末、

「日本のお正月の遊びです。カードを使います。楽しいです。」

これで概要を説明しました(笑)

karuta

お正月の遊び

彼らにとっては「お正月」ですが、日本はお正月ではありません。

普通に授業を行う時期です。国で家族や友達とお正月を過ごせない学生たちに

少しでも楽しんでもらおうと、お正月の遊びをしようというかるた大会。

初級1クラスのメンバーも、実際のカードを見て、ルールがわかったようで、

非常に楽しんでくれました。

「日本人は、この遊びをしますか?ひらがなです。かんたんです!」と、

日本人がかるたで遊ぶことに疑問をもつ学生A。

「ことわざって、面白いですね。」と、いろはかるたの意味を吟味する学生B。

普段の授業は非常におとなしく、理解度も低いのに、ゲームになった途端に

大活躍する学生C。

などなど、いろいろな学生の一面も見れたことは、私にとっても非常に有益でした。

 

日本で過ごす、2016年のお正月。彼らにとって少しでも記憶に残るお正月になれば

いいなと思います。