こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

昨年7月から日本語教師としても、活動を始めました。

毎日使う日本語ですが、何も考えずに使えるのが母国語の強み。

ところが、じっくり考えてみると、たくさんの疑問が潜んでいます。

例えば、・・・・・

①「指す」と「差す」はどのように使い分ける?そして、「刺す」は?

②「~するからには」、「~する以上」、そして「~上は」の使い方に違いは?

job_sensei

授業の予習がおもしろい

今、初級クラスと中級クラスを受け持っています。

初級クラスは、まだまだ日本語を習い始めたばかりの学生を対象にした授業なので、

決まった指導カリキュラムを、どのようにわかりやすく理解させるかがポイントになります。

中級クラスは、使用するテキストを理解させるのはもちろんのこと、テキストの内容から

派生した語彙や言い回しなどもどんどん教えて、彼らの知識の幅を広げる必要があります。

中級クラスでも、とてもレベルの高いクラスで、上級クラスの一歩手前レベルです。

突然投げてくる質問が、とても難しく、毎回ヒヤヒヤします。

そんな彼らの質問を先回りして予測する予習を、とても面白く感じています。

学生が質問してくるであろうポイントを事前に調べておくことで、

授業も慌てず進めることができますし、なにしろ、気持ちがいいのです☆

 

準備に時間を掛けて、それに満足をするというのは一番ダメなパターンなので、

気をつけないといけませんが・・・・・

 

学生からの質問を先回りすることで、普段気にしていなかった日本語の奥深さや

普段いかに曖昧に言葉を使っているかがよくわかります。

学生に「教える」というよりも、学生に機会をもらって、「学ぶ」要素が大きいなぁと

つくづく思います。

 

日本語教師というチャレンジにより、色んな物をしっかりと習得したいと思います。