こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

昨年7月から日本語教師としての日々も並行してチャレンジしています。

昨日、新学期がスタートしました。

今学期は、2クラス授業を担当します。初級1クラスと中級3クラス。

初級1クラスは、初めて日本語を勉強するレベルのクラスです。

中級3クラスは、この日本語学校での勉強がちょうど2年目になるメンバーが

中心のクラスです。昨日は、初級1クラスの授業でした。

english_kaiwa_woman

日本式、自己紹介

昨日のポイントは、自己紹介。

「わたしは、~です。」と、名前を言えるようになり、

「~から来ました。」とか「~人です。」などと出身地を説明したり、

「~の学生です。」「~の社員です。」と属性を説明したりしました。

また、初めて会う際の決まり文句、「はじめまして。」や

日本人らしいクッション言葉、「失礼ですが、。。。。」なども

指導しました。

初日とはいえ、盛りだくさんでした。

 

初級1クラスのメンバーは、14名。

半分くらいは、前回進級出来なかった、再履修メンバー。

お互い顔なじみのクラスメイト相手に、今更自己紹介。

簡単過ぎる内容ということもあり、

実際の自己紹介のシチュエーションに近い想定で練習する余裕がありました。

 

国は違っても、自己紹介のシチュエーションは、どこにでもあるものです。

しかし、日本人らしい自己紹介の挨拶は、なかなか指導が難しかったです。

国によっては、握手を積極的にしたりすることもあるようですが、

日本ではあまり見かけません。

また、自己紹介の際に、お辞儀をよくするのは、日本式自己紹介の特徴です。

 

ことばを教えるだけではなく、日本式ジェスチャーや立ち居振る舞いなども

伝えていかなければいけないなぁ。

最初が肝心。(再履修メンバーも多いですが、)彼らのこれからの日本語や

日本での生活様式の土台をつくる段階に関われることに喜びを感じつつ、

気を引き締めて授業に臨まなければ!と、改めて思った初日でした。