京都ヒトマナビカフェの北林佳奈です。

クリスマス、みなさんどのようにお過ごしでしょうか^^

あいにくの曇り空ですが、今年の京都は暖冬で
ホワイトクリスマス、とはなりませんでしたね^^
さて、家の大掃除をしていたら出てきた1枚の紙。

『「忙しい人」と「仕事ができる人」の20の違い』

掃除中あるあるで、ついつい目を通してしまったのですが^^;

<納期意識>
『忙しい人』は、納期意識がギリギリ。
納期寸前で作業にとりかかるので、その仕事のみに集中してしまう為に効率が悪い。
『仕事ができる人』は、前倒し。
納期より随分前から作業に取りかかるので、2つ以上の仕事を同時並行処理したりする効率の良い仕事の仕方ができる。

<リスクヘッジ>
『忙しい人』は、せっかくスケジュールを作っても、緊急事態・トラブルで乱れっぱなし。
『仕事ができる人』は、緊急事態・トラブルでスケジュールが乱されることがほとんどない。

<タスクマネジメント>
『忙しい人』は、いきなり仕事にとりかかり、仕事完了に近くなった時点で「仕事の目的と最終完成物」を考える。
『仕事ができる人』は、仕事の始めに「仕事の目的と最終完成物」を明確にして仕事にとりかかる。

<タイムマネジメント>
『忙しい人』は、段取りを考える時間を短時間で済まそうとする。
『仕事ができる人』は、段取りを考える時間を十二分にとる。

時間に対する心構えや、タスク管理について、そうだよなぁと考えさせられる内容。

私自身、仕事の仕方・考え方=自分の生き方・人生の在り方だと感じていることもあり
改めて、目的やビジョンを明確にした上で、それを達成するための段取りを考える時間を十二分に取り
スケジュールに余裕を持ち、やり遂げるこだわりを持って進めることの大切さを認識する
時間となりました。

もう後、数日で新しい1年を迎えるわけですが、
新し1年の過ごし方についても同じこと。

目的・ビジョン、達成するためのスケジュールをしっかりと設定して、
新しい1年を迎えます!