こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

先日、叔父がなくなったのですが、葬儀後初めて、家へお参りに行ってきました。

叔母と、叔父を偲びながら、二人の馴れ初めや50年に渡る結婚生活について

初めて話を聞きました。

婚約指輪事件

職場結婚だった二人。

叔母は、誕生石が入った婚約指輪を肌身離さず、身につけていたそうです。

一緒に満員電車で通勤していたある日、大切な指輪の石がない!!!!!!

終点だった京橋駅で、乗客が全員降りたのを確認して、二人で床を這いつくばって

石を探したそうです。

ドアのレールに挟まっていた石を発見した時は、2人で手を取り合って喜んだと

嬉しそうに話をしてくれました。

50年前の話です。

50年も前の話を、先週会ったことのように話す叔母。

たくさん喧嘩もしたし、たくさん一緒に泣いたし、笑ったわ。。。。と、

とても、素敵な話をたくさん聞きました。

yubiwa_ruby

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50年という時間を一緒に過ごした夫婦。

叔父は、お米を炊くこともできない、絵に描いたような亭主関白男子でした。

もう叔父から直接話を聞くことは出来ませんが、二人の歴史をもっと知りたいと

思いました。同時に、両親のことももっと知りたいと思いました。

 

人生の先輩から、学ぶことはたくさんあると、心が温かくなった日でした。