こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

週末は、妹の結婚式がありました。実家富山での結婚式のため、

土曜日の終業後、最終のサンダーバードに乗って、いざ富山へ!

これまで大阪から富山まで乗り入れていたサンダーバードは、

北陸新幹線ができたことで、関西からは、金沢止まりになってしまいました。

金沢から最寄り駅までは、普通電車に乗り換えるか新幹線で移動をしなければ

なりません。

結果的に、15分間だけ新幹線に乗ることにしました。

新幹線の走行の静かさ、速さ。これは、乗ったからこそ体感できるものでした。

そして、乗り換えの不便さ。これも、利用したからこそ、実感しました。

shinkansen_e7_w7

乗り換えのデメリットしか見えてこない事実

1回乗り換えるだけだから・・・・と、軽く考えていました。

しかし、案外大変でした。

新幹線と通常のJRの線路が別なので、乗り場が異なります。

一度階段を降りて、新幹線乗り場の改札をくぐって、再度乗り場まで階段を上がる。

そして、乗車車両を探す。新幹線に飛び乗ったら、今度は席を探す。

たかがそれだけですが、荷物を持っての移動と、かなり限られた乗り換え時間での

移動は、精神的にも余裕がなく、最終電車という焦りと行き先がよくわからないことへの

苛立ちとが混ざり合って、快適な帰省にはなりませんでした。

よくよく考えると、特急や普通電車と新幹線の線路が異なるから、乗り場が離れているのは

自然なことです。そこまで考えが及んでいませんでした。

自分自身がどのように行動するかを事前に思い描いてなかったからこそ、

終わってみたら、「乗り換え」の悪いところしか印象に残らないという結果になってしまいました。

もう少し、事前に時間やホームの事を調べていたら、心の余裕があって、

15分の新幹線TIMEをより充実したモノに感じられたかもしれません。

なんだか、もったいないなぁと、損をした気分になってしまいました。

 

同じ経験をしても、気持ちの持ち方次第で、印象が全く変わります。

どうせなら、気持ち良い、楽しい印象を持って、日々過ごしたいものです。

そのためには、悪いところばかり見てしまうのではなく、良いところに目が行くような

土台作りが大切だと思います。

自分自身が、事前に出来ることや思うことを予めシュミレーションすることで、

毎日はもっと楽しい。そう思います。

自分を軸に考えて、能動的に行動すると、視野が一気に広がる気がします。

思い通りにいかないことに不満を言う前に、それをどうしたら楽しめるか、

考えてみたいと思います。