京都ヒトマナビカフェの北林佳奈です。

今日は「文化の日」。

1946年の11月3日に日本国憲法が公布され
日本国憲法が、平和と文化を重視していることから
1948年より「文化の日」と定められたのだそう。

ちなみに日本国憲法は、公布から半年後の
1947年5月3日に施行されたので
5月3日は「憲法記念日」となっています。

「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」として定められた「文化の日」。

F.O.B COOPの閉店から思うこと。

ヒトマナビカフェのすぐ近くにあるラクエ四条烏丸の中にも
つい最近まで入っていた、輸入雑貨のセレクトショップ、F.O.B COOP。

東京、広尾から始まり、35年間の歴史を刻んできたそうですが
10月25日に幕を閉じました。

オーナーである、益永みつ枝さんが閉店に際しての
インタビューでお話されていた内容には考えさせられる部分が多々ありました。

美しく機能的で、飽きずに長く使えるものを
ご自分の審美眼で集めてこられた益永さん。

「最近の若い人は、車もいらない、良いものもいらない、という感じでしょう。」
「(お金を落とす場所を)ちゃんと選びなさい」
「買わない権利ってスゴイのよ。唯一社会参加できる」
「きちんと美しく生活してほしい」

※一部抜粋  http://roppongi.keizai.biz/column/26/

美しく生活する。
自分の生活を振り返ってどうでしょう。
こんなにものが溢れ、ある程度のものは何でも手に入れることができる今の時代。
だからこそ、何を、どこから得て、どう使うのか。

そうした思考を持って生活しなければ、
私たち日本人の「文化」はどんどん後退し
品も何もなくなっていくのでは。

そんなことに想いをめぐらす「文化の日」です。