こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

先日、大学時代の仲間と久しぶりに会ってきました。

大学時代、アメリカのケンタッキー州に4ヶ月間留学したのですが、

その時、アメリカ人の学生達と同じように寮生活を3ヶ月程しました。

ルームメイトは、アメリカ人。今でもFacebookでつながっています。

2週間ほどはホームステイをして、クリスマスタイムを楽しみました。

その時にお世話になった家族とも、Facebookでつながっています。

この留学で出会った方々は、本当に私にとって大切な方々です。

そして、一緒に留学した、日本人の仲間達。同じ寮で暮らしたメンバー5人は

今でもつながりは強く、いつ顔をあわせても、昨日会ったばかりのような

会話ができます。

とはいえ、5人全員が同時に顔を合わせるのは、3年ぶりです。

joshikai

3年の月日。18年の月日。

私たち5人は、8月生まれ、9月生まれ、10月生まれと誕生日が近いこともあり、

5人共アメリカで20歳になりました。

「あれから18年。。。。歳とったなぁ~。」

結婚して子供がもう小学生になっている主婦M。子供の習い事に熱心なワーキングママK。

独身を謳歌しながらも、結婚のことを時々考えるEとA。

将来に備え、新たな生活スタイルを見出そうとしているA。

それぞれのライフスタイルはあるものの、5人集まれば、お互い言いたい放題。

5人のキャラクターや、ポジション、話す内容(ポジティブ/ネガティブ)は、

変わりません。しかし、ふと気づくと、

「さっきから、ウチラの話題、●●ばっかりやん。20代のときには、こんな話題なんて

 でなかったのになぁ。。。。」

 

●●というのは、「介護、老後、健康、育児、ローン」という現実的な話のことです。

隣で、リクルートスーツを身にまとった女の子3人のテーブルがありました。

「絶対あの子らと、話題が違う…。あの頃は、うちらも恋愛の話をしたり、

 就活の話をしたり、夢見てたよなぁ。」と、しみじみ語るM。

 

もちろん、私達38歳組が、夢を見ていないわけではありません。

ネガティブに物事をとらえてばかりいるわけでもありません。

歳相応の落ち着きを持ったというか、地に足がつきだしたというか、

うまくいえませんが、お互いが「今」の自分たちを再認識できる場でした。

それぞれが、それぞれの「今」を一生懸命生きて、人生を作り上げていく。

それに刺激をうけながら、お互いがそれぞれの人生をより良くしていく。

何だか、素敵な仲間だなぁと思いました。

3年ぶりの時間は、熟成されて、お互いの人間味を改めて感じるいい時間でした。

 

半年に1回くらいのペースで会いたいなぁと、それぞれの家路につきました。

19年、20年と重ねるごとにもっと良い関係になっていそうで、楽しみです☆