京都ヒトマナビカフェの北林です。

ここ最近、ようやく「本を読む」習慣が身についてきたのですが
今日、たまたま見つけたある記事には「うぅ…」と少し耳が痛い内容が
書いてありました。

確かに本を読むことは大切なことなのですが、大切なのは
「良い本」を「大量」に読む。ということ。

今の時代、新しい本が次から次へと出版されているのが現状ですが
本自体の質がどんどん下がってきているのも事実だそうです。

質よりも、大量に安く、そして早く作ることを重視されている本。

だからこそ、私達は、「良い本」をしっかりと見極めないと
せっかく読んだ内容も、全く自分に活かせないものになってしまう
と書かれていました。

そしてこうも書かれていました。

—————————————————————————
「むずかしいくらいの本でなくては、読者にとって良い本だとは言えない。
そうゆう本に向かって読者は背伸びをし、自分をそこまで引き上げなくてはならない。
(中略) ちょっと見ただけでは、とても歯がたたないと思われるものに手をのばし、
自分を引き上げることのできる技術を身につけることが要求されるのである。」

本を読む本より 抜粋
—————————————————————————

読書、ネクストステップ

難しそうな本だな…と思うと敬遠し、自分にとって読みやすく、
そして理解しやすく、さらさらっと読める本を選んできた傾向があるのですが
私の読書も、そろそろネクストステップへ。

チャレンジ読書を、意識していきます!