京都ヒトマナビカフェの北林です。

先日こちらのブログでも紹介した本

『読んだら忘れない読書術』サンマーク出版 樺沢紫苑著
に、驚くべきデータが書いてありました。

文化庁の世論調査(2013年度)によると、
なんと日本人の47.5%が1ヶ月に1冊も本を読まないのだそうです。

1ヶ月に「1、2冊読む」と答えた人が34.5%。
「3、4冊」が10.9%。「5、6冊」が3.4%。
「7冊以上」が3.6%だそうです。
「10冊以上」はなんと2%。

本屋さんでは、あれだけたくさんの人を見かけるのに
このような結果。本当に驚きました。

私自身も、「読みたい、読まなきゃ」と思いながら時間だけが過ぎ…
結局読みかけの本がずーっとバッグの中に。
なんてことはよくありましたが、私のような方も
少くないということなのでしょう^^;

日本人の上位4%

そのデータとともに、このような言葉が書いてありました。
「月に7冊読むだけで、あなたは読書量において日本人の上位4%に入ることができる」

この言葉を聞くと、俄然読んでやろう!という気持ちがフツフツと
湧いてきました!(単純ですみません…)

こうして、やる気になってみると、忙しい・バタバタしていると
自分では思っている毎日でも、過ごし方を工夫すれば
本を読む時間は確保できる、ということを実感。

朝、少しだけ早起きすれば、20~30分程度は確保ができるし、
雨の日の移動時間のバスの中、往復合計約50分。
夜寝る前に20~30分、と言ったように、
小刻みでも確実に確保していけば、
一日1時間~1時間半くらい、読書に当てることができるのです。

今までその時間は何をしていたかというと、主にスマホ。

スマホは便利なものなのですが、使い方を間違えると
有意義な時間を奪う存在になってしまう可能性があるんですよね。

これまでの生活、過ごし方を見直し、
読書量、日本人の上位4%に入るべく^^奮闘していきます♪