こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

先日、帰宅すると結婚式の招待状が届いていました。

もともと結婚式があることはわかっていたのですが、

改まって「招待状」が届くと、喜びもひとしおです。

幸せの立会人

年齢的に、結婚式参列のピークが過ぎてしまったこともあり、

久しぶりの結婚式です。2次会ではなく、結婚式から招待されるのは、

もう5、6年振りです。

結婚式は、何度参列しても、いいものです。

以前、仕事で立ち会った結婚式を入れると、これまで400件ほどの

結婚式を見てきました。

ある結婚式でこんなスピーチをしていらっしゃる方がいらっしゃいました。

「誰かの話で、こんなことを聞いたことがあります。

 人生の中で、自分のために人が集まってくれる機会は、最低でも3回。

 最初は、生まれた時。2回目は、結婚式。最後は、死んだ時、お葬式だそうです。

 1回目は、どんなに嬉しい言葉を掛けてもらっても、覚えていません。

 3回目は、どんなにたくさんの方が集まってくださっても、もう死んでいます。

 自分のために集まってくださることを肌で感じ、僕自身が喜び、そして

 この感謝の気持ちを伝えることができるのは、今回の結婚式だけです。

 そんな人生の中で、非常に大切な日。忘れません!本当にありがとうございます。」

 

元々は、どなたのお話なのかわかりませんが、とても好きなお話です。

喜びや幸せを共有し合い、感謝の思いをかみしめる。

結婚式は、そういう場なんだぁと、毎回思わせられます。

 

その場に居合わせる全ての人を幸せにする、結婚式。

とても楽しみです。