こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

北林が既に紹介してくれたように、今年度のインターンシップ生の

活動が始まりました。昨日、着慣れないスーツを身にまとった、

初々しい学生たちがヒトマナビカフェに集まりました。

今年度も、いろいろ感じて、成長してほしいと思います。

働く「リアル」とは????

毎日仕事をする中で、見えるようでなかなか見えないのが、「リアル」なのではないでしょうか。

実際には、存在するのに、正確に見ることができない、非常にデリケートなものかと。

年齢や経験年数に関係なく、その時その時の「リアル」の感じ方は様々。

だからこそ、「リアル」を追いかけるのは面白い、そう思います。

 

就職氷河期の中、なんとか3社から内定を頂き、納得して就職しました。

社会人になって、これまでの「学生」と「会社員」の属性の違いを肌で感じ、

働く「リアル」を日々楽しんでいました。

 

転職活動の時、「これまでの人脈を活かして、御社の仕事に貢献したいです!」と、

面接で豪語。たった2年間の経験から得たつもりになっていた「人脈」。

ある会社の面接官に、こう言われました。

「その人脈は、あなたが作ったのですか?あなたの会社が、あなたの先輩方が作ってこられた

 ものではないですか?あなたが個人で動いて、その人脈は本当に動くんですか?」

強い衝撃を受けました。

先輩方にかわいがってもらい、取引先の方とも良いお付き合いをさせてもらい、

お客さんも紹介してもらい、大きなミスもせず、それなりに仕事をしたつもりになっていた2年間。

それは、与えられた環境があってこその話です。「リアル」な私の力を、測り間違えていました。

 

縁あって、ウチの会社に転職してから、色々な業務を担当させてもらいました。

それぞれの部署で、関わる人がそれぞれ違うと、同じ会社にいても、見えるものが違います。

同じメンバーと同じ仕事をしていても、1年前と見えるものが違います。

 

働く「リアル」は、一生ついてくるものでしょう。

その時、その時に感じる「リアル」。それを大切にして、これからも1日1日を送っていこうと

思います。

今回インターンシップに参加する学生たちにも、色々な「リアル」を感じてもらい、

このインターンに参加して良かった、そう思って貰いたいです。

syukatsu_shigoto_sagashi