京都ヒトマナビカフェの北林です。

定期的に、友人と二人で、自分の夢や目標を実現させ
より良い日々を過ごすための、ミーティングを開催しています。

自分の思い描く理想を、リストアップして
その自分に近づくために、日々どのように取り組むのかを
宣言し、報告していくというスタイル。

しかし、先日のミーティングで
「自分の理想に向けて、取り組んではみたものの
何故か心がモヤモヤして、晴れておらず、
焦る気持ちだけが募っていく」そんな話になりました。

なぜ、そんなことになってしまうのだろうと考えを巡らせていると
自分が思い描いていた理想の、本質が自分でわかっていない
ということに気づいたのです。

自分の本質を知ること

ブレスト的に「理想の自分」のイメージを
リストアップしてみると、そのほとんどが、表面的な事象ばかり。

なぜそうありたいのか、という深い部分には
目が向けられていない状態。

そのため、表面的な理想をいくら実現したところで
満足はいかないわけです。

なるほどな、と思った瞬間でした。

私はどんな人間でありたいのか。
今一度、この部分を明確にして、
次なる一歩を踏み出していきたいと思います。