京都ヒトマナビカフェの北林です。

先日、近所の大徳寺に行った時のこと。
大仙院を拝観した際、以下のような言葉に出会いました。

今こそ出発点

——————————–
人生とは毎日が訓練である
私自身の訓練の場である
失敗もできる訓練の場である
生きていると喜ぶ訓練の場である

今のこの幸せを喜ぶことなく
いつどこで幸せになれるか
この喜びをもとに全力で進めよう

私自身の将来は
今この瞬間ここにある
今ここで頑張らずいつ頑張る
——————————–

今の自分自身に足りないことばかりを考え
将来の自分に期待をしてしまうものですが
「今」の自分自身に真正面から向き合わずして
将来も何もないということ。

「いつの日か」「そのうち」という言葉が
いかに馬鹿げているか、そして意味のないことであるか
ということを思いしらされます。

私の将来は、今この瞬間にある。
今頑張らずしていつ頑張る。

その言葉を胸に、一瞬一瞬の自分自身と向き合っていきます。