こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

昨日、京都の有名珈琲店の本店に行きました。

ランチタイムということもあり、満席。

まもなく席があくということで、しばらく物販コーナーを

ウロウロしながら、待たせてもらいました。

そこで目に入ったのが、サイフォン。

サイフォンって、どんな仕組みなんだろう…、家で使うって、

手間がかかるかなぁ…と、まじまじと見ていたら、店員さんが

声を掛けてくださいました。

cafe_siphon

サイフォンのコーヒーは、手作りの味が楽しめます。

経験豊富なバリスタ。そんな言葉が非常に似合う男性でした。

サイフォンの仕組みや使い方、フィルターの保管や交換の仕方、タイミングまで

丁寧に教えて下さいました。

「実際に使うとなると、手間がかかります。私も家に持っていますが、

 時間があるときしか使いません。でも、じっくりとサイフォンでいれた

 コーヒーは毎回味が違うので、色々な楽しみ方が出来て、コーヒーが

 お好きな方には、是非とも体験して頂きたいです。撹拌の時間や回数、スピードなど

 ほんの少しの違いで、味は全く変わります。コーヒーメーカーは、

 誰が作っても同じ味ですが、サイフォンはコーヒーの作り手の力量が

 問われるんですよ。」

プロのこだわりと、コーヒーに対する愛情が感じられました。

接客のための丁寧さはもちろんあるとしても、コーヒーの楽しみ方を

心から伝えたい、そんな印象を受けました。さすが、●●珈琲さん。

 

サイフォン自体は、やはり少し手間がかかるので、購入しませんでしたが、

その方の仕事ぶりに感激した私。サイフォンを買うなら、またこの方から

買いたいと思う出会いでした。

 

言葉に出さなくても、気持ちを体現する仕事。素敵です。