こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

昨日は、大阪市の住民投票の日でした。

大阪市民の方は、どのように1日をお過ごしになったのでしょうか。

結果は、10,741票の差。

開票翌日の今日。賛否の地域差や、年齢差など、詳細データが

いろいろとメディアで報じられています。

senkyo_bako

投票率66.83%

結果が拮抗したからこそ、投票結果がでた後は、反対派、賛成派いずれも

色々と思うことがあるでしょう。

投票しなかった、約33%の票が、全て投票されていたら、結果は変わるかもしれません。

普段の選挙よりも投票率が高いとは言え、3人に1人が投票していない結果。

そう思うと、市民の総意のようで、総意でない結果のような気がします。

とは言え、「投票に行かない」層を動かすのも、投票前の大切な活動のひとつ。

色々と考えさせられます。

 

先月開催された、統一地方選挙。京都市議会選挙では、10票に満たない票差で

落選してしまった方がいらっしゃいました。

悔やんでも悔やみきれない結果でしょう。

 

私一人のチカラなんて・・・・・と、思う人も多いでしょう。

以前私もそう思っていました。しかし、このような結果を目の当たりにすると、

影響力をもつ一人のチカラを感じずにはいられません。

 

今回の大阪での出来事が、今後の投票率や若い層の意識に変化をもたらしますように。