こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

2015年4月16日、アメリカの雑誌TIMEが発表した「世界で最も影響力のある100人」。

日本人で選ばれたのは、2人。作家の村上春樹さんともうひとり。

片付けコンサルタントの近藤 麻理恵さん。

2014年10月にアメリカで出版した「人生がときめく片づけの魔法」が

67万部超のベストセラーになり、今では、イタリアやフランスでも刊行され、

世界でシリーズ累計300万部の人気になっているそうです。

2015年3月、ニューヨーク・ポストでは、彼女流に片付けることを、

「コンドウする(Kondo-ing)」と表現されています。

souji_kitanai_woman

影響力の波紋

「100人」に選ばれたのは、それ以前の功績があったからなのですが、

それ以後、メディアの取り上げ方が異常に多いので、コンドウフィーバーが

起こっているように感じます。

もちろん、ブームはいずれ去ってしまうこともあるでしょう。

しかし、彼女の影響力がどこまで広がるのか、非常に気になります。

言葉で伝えるのではなく、考え方や具体的な行動が世界に影響を与える。

素敵なことですね。

政治力や権力で世界に影響を与えるのもひとつでしょうが、

価値観で世界に影響を与える方が、なんだか「ホンモノ」のような気がします。

私は、彼女のように、世界的に影響力のある人になりたいとは思いません。

しかし、そんな方の影響力に触れてみたいと思います。

そこから得られるものは、きっと言葉にできない感動があるはず・・・・。

ヒトに影響を与えるヒトというのは、どんなヒトなんだろう。

非常に興味があります。