京都ヒトマナビカフェの北林佳奈です。

4/18(土)知恩院の三門楼上で行われた
「ミッドナイト念仏in御忌」に参加してきました。

毎年4月18日の午後8時~4月19日午前7時までの1晩のみ
行なわれる法要で、法然上人の徳をしたう、別時念仏会。

『ミッドナイト念仏in御忌』という素敵なネーミングセンスに
魅せられて、今年で3年連続、参加させていただきました。

雑念のオンパレード

「南無阿弥陀仏」を唱えながら、木魚を叩き続けるというもの。
今回私は1時間ほどいたのですが、無心になるぞと
意気込んで参加したものの、雑念ばかり出てきます。

「足が痛いな…足を崩そう」
「背中がかゆいな」
「木魚のずれている音が聞こえる」
「眠くなってきた」

と、無心になるばかりか、要らないことばかりが
頭を駆け巡ります。

話に聞くと、中には20時から翌朝7時まで、
ずーっと叩き続ける方もいらっしゃるそうなので、
自分の至らなさを痛感。

こんなに色々と気が散っては、日常の様々なことにも
集中力が続かんわけです。。

要、修行だな。

と感じながら、知恩院を後にした夜でした。

きっとまた来年も、参加してしまうと思います^^