こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

本日、私の母の誕生日です。

いつの頃からか、母の誕生日には贈り物をするのが常になりました。

一緒に住んでいた頃には、そんなこと、した記憶さえありません。

高校を卒業して家を出てから、もう20年が経ちました。

人生の半分以上、家族とは同居していません。

だからこそ、感じる親のありがたみ。

それを身にしみて感じるようになってから、

せめて誕生日くらいは・・・・と、贈り物をしないと落ち着かなく

なってしまいました。(それだけ年齢を重ねたということですね。)

bouquet_birthday

頭を絞ってひねり出したい、サプライズ

近くに住んでいるわけではないので、手の込んだサプライズは

できません。とは言うものの、何か毎年趣向を凝らしたものにしたいと、

毎年3月は頭が痛いです(笑)

驚かせたいと、風船に包まれた花束を贈ったこともありますし、

どうしてもいいアイディアが思いつかず、

サプライズ要素を封印して、日常使いできそうなバックを贈ったこともありました。

お酒が大好きな母なので、ビールサーバーを贈ったこともありました(笑)

 

今年は、オリジナルラベルの梅酒を贈りました。

「お誕生日おめでとう!

 ●●●(母の名前)のお酒

 ☆飲み過ぎ注意!」

と、メッセージを入れてもらった、世界で一つだけのお酒です。

 

手元に届いたらすぐに連絡をくれました。

「ありがとう」

 

・・・・驚かせたいのではなく、母との関わりを持ちたいから

この恒例行事をしているんだなぁと、実感。

来年は還暦&定年退職のお祝いです。

さてさて、どんなサプライズをしようか、楽しみです。