京都ヒトマナビカフェの北林です。

私が毎年のように行っている、
知恩院の「ミッドナイト念仏in 御忌」。

今年もその日が近づいてきました^^

知恩院の重要な法要

法然上人が亡くなられた日を期して行われ、
知恩院では一番大きくて重要な法要。

様々な諸行事が行われるのですが
中でもこの「ミッドナイト念仏in 御忌」は
誰もが気軽に参加でき、体感できる行事です。

国宝の三門楼上内で、4月18日午後8時~翌朝19日午前7時まで
夜通し木魚をたたき、念仏を唱えるというもの。

毎年、18日の夜は知恩院の三門下に大行列ができ、
順番に念仏を唱えて行くのです。

約100人の木魚が響き続ける三門楼上内。
夜中に響き渡る木魚のグルーブ感が
何とも言えない不思議な空間ですが
叩き終わった後には、すっきり清々しい気分に。

今年は、土曜日の夜~日曜日の朝にかけての開催なので
例年よりも、混みあうかもしれませんが、
ぜひ、行ってみられてはいかがでしょうか^^

もちろん私も行きます♪

知恩院 HP
http://www.chion-in.or.jp/03_gyoji/tei/gyok.html