こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

最近、私の周りは、妊娠ラッシュです。

現在妊娠している友人達は、6月7月の同時期に出産します。

しかも、性別がようやく分かった!という赤ちゃんばかりで、

いろいろと入ってくる情報も、ほぼ足並みが揃っているのが、

不思議です☆見事に性別は、すべて女子(笑)

図1

そわそわ楽しい準備

事前準備は、何をするにも大切なことですが、出産にむけての準備は、

妊娠している本人はもちろん、周りの人たちにとっても、

ことさら「特別なもの」となる傾向があります。

・・・・私も然りです。

友人の出産にも関わらず、一緒に準備のことを考えたりしています(笑)

「2人目だし、また女の子だから、1人目の子の服とか諸々使えるね。」とか

「名前はどうするの?」とか

「おねえちゃんになる●●ちゃんの反応は?」とか、

ただのおせっかいなのですが、これがまた、楽しいのです。

 

私は、3姉妹の長女なのですが、すぐ下の妹が産まれた時は3歳。

一番下の妹が産まれた時は5歳。赤ちゃんの妹が家にいた記憶がありますが、

それは、一番下の妹のこと。まだ3歳だった私には、真ん中の妹の赤ちゃん時代の

記憶はありません。(写真を通しての記憶だけ)

 

長女が産まれる時の周囲の様子を知ったり、次女が産まれる準備など、

子供の頃には感じる事ができなかった「思い」や「周囲の様子」を体感できて、

非常に感慨深い思いがします。

 

面倒だと思う「準備」もあれば、こんなふうに楽しめる「準備」もあるんですね。

とは言うものの、冒頭にも申し上げたとおり、「事前準備」は、何事に対しても

非常に重要。重要で避けれないからこそ、楽しみながらやりたいものです。

気持ちの持ちようは、非常に大切。改めて、実感。