京都ヒトマナビカフェの北林佳奈です。

今日は本を一冊ご紹介します!

『クラウド時代のタスク管理の技術』 佐々木正浩 東洋経済

日々何かとやらなければならないことが山積…

「やることが多すぎて時間がない!」
「目の前のことだけで精一杯…」
「自分の夢や目標のための時間を確保したい」

そんな悩みを抱えておられる方もたくさんいらっしゃると思います。

かくいう私もその一人。

しかも私の場合、そんなに大した仕事やタスクを
こなせていないにもかかわらず、時間だけがどんどん過ぎ行き
気づけばできていないことが山のように(TдT)
となることも少なくはありません。

社会人になってもう、約10年。
何かに追われ続けることからはもういい加減に卒業したい。

仕事に追われるのではなくて
仕事を自分から追える体制に改革したい!
そんな想いとともに、読み進めている一冊です。

読み進める中で「なるほど!」と思ったが、私達が

・やらなければならないことを思い出す
・空いている時間を検討する
・プロジェクトを進める手順で悩む

こうしたことに、たくさんの時間を割いているということ。
この思い悩む時間こそが、無駄であり
何よりも精神力を使い果たし、モチベーションも消費してしまう
ということ。

そうそう、うなずいている方も多いのではないのでしょうか。

今は、便利なソフトやアプリがたくさんあふれていますが
そうしたものをひと通り試した、筆者の佐々木さんが
伝授する、タスク管理のあり方。

これは、これまでの自分の時間の使い方に
革命を起こしてくれるものかもしれません!

みなさんもぜひ、読んでみてください♪