京都ヒトマナビカフェの北林です。

先日、我が家にて、「ティーパーティ」なるものを
開催いたしました。

きっかけは、去年の12月にお会いした一人のアメリカ人。

彼は、中国茶、特にプーアール茶を得意とし、
上質なお茶を仕入れて、サンフランシスコで
セレブリティ向けに、販売をされています。

お茶の文化は、茶葉こそ、同じ種類でも、
発酵や焙煎方法はその土地々々で様々。

そして同じお茶でも、流派によっても
作法も全く異なります。

そこで、今回は、色々なお茶が一同に介して
楽しめる、ティーパーティを開催しよう!
ということになりました♪

ティーパーティー♪

・台湾茶
・お煎茶
・お抹茶
・白折(しらおり)
・碾茶(てんちゃ)

いろいろなお茶を楽しみながら、
お茶にまつわる話や、
茶器、茶碗、骨董品、などなど、とっても盛り上がりました^^

一番驚いたのは、お煎茶。

いわゆる、急須に茶葉を入れて、お湯を注いでいただく
普通の緑茶のようなものでしょ、と思っていたら!

お煎茶道でいただくお茶は、一人あたり数滴ほど。
その数滴に、お茶の香りや旨味、エキスが凝縮されていて
こんな数滴なのに、いただくと口の中、体中に衝撃が走るほどの
インパクトがあるものでした。

この初体験は、本当に楽しかったです。

とにもかくにも、いろいろなお茶。
とっても美味しく、楽しく、優雅な時間でした。

みなさんもぜひ、お茶の時間。
過ごしてみてください☆