京都ヒトマナビカフェの北林佳奈です。

昨日は、これまで半年以上かけて進めてきました
インターンシップ活動の集大成となる仕事研究イベントの開催日でした!

『大学3回生の自由研究 働くリアル』

3月から本格的にスタートする就活。

「何から始めたらいいの?」「自分のしたい仕事が見つからない」
「業界や職種もイマイチよくわからない」「どう動いたらいいのかわからない」

そんな風に、なかなか一歩が踏み出せずにいる学生のみなさんが
社会人とざっくばらんに話が出来る場であり、
不安や悩みを解消したり、「働くこと」のリアルなイメージを
持っていただくことを目的としたイベント。

インターンシップ生たち自身も、まさにこれから就職活動を迎える
当事者として、どんなコンテンツが良いのか、
どんな雰囲気であれば、場がリラックスするのか
学生ならではの視点を盛り込み、企画を進めてきました☆

<学生ならではの視点>

その①スーツ厳禁!!!
とても和やかな雰囲気で
学生が素を出せることで、話が盛り上がりました。

その②ブース制ではなく、テーブル制!!!
学生が一方的に話を聞くのではなく社会人と学生が
同じ目線で“対話”することができました。

その③指定席&自由席の併用
自分がもともと興味のある仕事だけではなく
偶然の出会いにより、学生が新しい仕事や働き方を知る
良いきっかけづくりになりました。

ご参加いただいたみなさまにも、ご満足いただける
良いイベントになり、ホッとしています。

9名の学生の力により、
フリーペーパー働く人々図鑑hitomanabiの発行、
そして昨日のイベントの開催が実現し、
それによってたくさんの方が動き、それにより
気づきや学びを得るきっかけを持っていただくことができました。

学生たちは確実に、半年前と比べると
自分の意見をしっかりと言えるようになったり
新しいことに挑戦する勇気を身につけたり
人と向き合う力も付き、確実に、確実に成長したと思います。

すべてのキーワードは「主体性」

自らがどうその機会を捉え
その機会に対してどう向き合い、自分のものにするのか。

今回の活動を通して私自身も改めて
考えさせられたインターンシップ活動でした。

10394826_756614901075639_8676461464735167036_n 10408755_756614897742306_8436555960063398864_n