こんばんは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

京都は、昨晩から雨模様。強い風も吹いたりしていたので、

紅葉は一気に落ちてしまったのでは・・・・?

寒いのは苦手ですが、四季を楽しめるのは、日本の強み!と、

冬を楽しもうと思います。

小学生時代の疑問

小学校の時、片道約20分の道のりを徒歩通学していました。

お隣の町内だと、憧れのバス通学ができたのですが、

ちょうど徒歩通学圏内ということで、雨にも風にも負けず、

6年間通いました。

当時から、寒いのが苦手だった私。地元の富山は、冬になると

雪が降ります。雪が降っていない時は、近道に使っていた

田んぼの畔道も、雪に埋まってしまい、歩ける道は限られてしまいます。

積雪によっては、歩くのが困難で、時間が余計にかかってしまうことも

ありました。凍結しているときも、もちろんです。

fubuki

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時、こんなことを思いました。

「寒く感じる時間を短縮したら、寒くない!だから、走ろう!」

そう思った途端、もう一人の私が、問いかけました。

「でも、走ると冷たい風が体にピューピュー振りかかるよ~!

 冷たさが倍増するよ!!!!」

 

科学的な分析や正解は、全くわかりません。

もしかしたら、大差がないのかもしれません。

しかし、そんな自由な発想をしていた私。

 

冷たい風を受けながら、通勤している時に、ふとそんなことを思い出しました。

「半分の超冷却時間を過ごすか、既存の時間を既存冷度で過ごすか」