こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

来月、小学校時代からの友人3人と再会する予定になっています。

37歳になり、今回の4人の組みあせで一緒に集まるというのは、

もしかしたら、中学卒業後初めてかもしれません。

前回から、20年以上経っています!!!!

それぞれの人生

今回会うことになったのは、友人A、B、C。

友人Aは、高校まで一緒に通いました。京都の大学に進学したAは、

その後大学院に進み、そのままその大学の図書館司書として、

今も働いています。

友人Bは、高校が別々だったとはいえ、京都の大学に進学。

大学時代に何度がAとBとも会いました。京都の別の大学院に

進学しましたが、地元富山に戻り就職。縁あって、亀岡に嫁ぎ、

家業の手伝いをしながら、再び京都生活をしています。

友人Cは、高校こそ別でしたが、通学電車の方向が同じだった

ので、高校時代はよく駅で会うことがありました。卒業後は、

スノーボードの道に本格的に進もうとし、あともう一歩のところで

全日本メンバーに入れそうだったそうですが、怪我でその夢も

かなわず・・・その後は、季節ごとに住所が違うという、都市伝説的な

存在に。「Cって、今どこにいるの?」・・・・私達のネタです(笑)

熱海。北海道。カナダ。箱根。ニュージーランド。韓国。

22年前には想像できなかった「今」

22年前、中学校を卒業した私達は、「今」の私達の姿を想像できていた

でしょうか。

「何か面白いことをしたい」そんな漠然とした想いはあったかもしれません。

ただ、「今」の生活そのものは、私自身、全く予想だにしていませんでした。

AもBもCも、そんな風に自分自身のことを思っているのではないでしょうか?

でも、自分自身のことはそう思っていても、客観的にそれぞれの「今」を見ると

「昔、こんなことを言ってたよ!」「昔っから、●●が好きやったよね~」とか

そんな話が出てきそうです。

「今」の本質的な部分を作り出したかもしれない時代を共に過ごした仲間との

再会が楽しみです☆

school_sailor_girl