こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

先日、水タバコなるものを初体験しました。

家族で喫煙者がいなかったこともあり、タバコの煙は

とても苦手です。喫煙なんて、もってのほか。

吸いたいと思ったこともありません。

そんな私が、先日人生初喫煙!

 

中近東エリアを中心に愛好家が多いといわれる、水タバコ。

京都市内でも、トルコ料理のレストランなどで、

見かけたことがあります。

今回、どこで体験したかというと、これまで何度か足を運んだことのあるバー。

ご両親が沖縄出身で、京都生まれ、京都育ちのマスターが営む、バーです。

沖縄にゆかりのある音楽が流れ、沖縄料理を中心に色々なお酒を出している

バーです。水タバコは、そのお店に常設されているわけではなく、なんと持込み(笑)

イギリス人の友人が、アメリカのテキサスで仕入れたという水タバコセットを

お店に持ち込んで、マスターと一緒にタバコを楽しむという夜に☆

面白い構造

シーシャと呼ばれるこの水タバコ。高さは、50cmくらいありました。

ベリーの香りがついたタバコの葉を炭をのせて熱し、容器の下に流れ出た煙を

ガラス瓶の中の水を通して吸うという、なんとも不思議な構造です。

炭は、ココナッツの香りがついており、タバコの葉も甘いベリーの香り付なので、

店内は、一気に甘い香りにつつまれました。お香を炊いている感じです。

私は、タバコを吸う習慣がないので、この水タバコも煙を口に含んで吐くだけ

でしたが、口の中に、甘い香りが広がりました。

フレーバーティーを飲んだ後のような口当たり(?)でした。

1911874_10205185326496055_2658252707672755979_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煙は、チューブに繋がれたパイプで吸われますが、炭がなくなるまで、

なんと約1時間ほども、吸い続けることができるタバコです。

初心者の私は、少しだけ体験したのですが、マスター含めて4人で共有して

吸えたり、バルブで煙の量を調節することもできるという装置に驚いたりと、

非常に面白い時間を過ごすことができました。

 

今回は、ベリー風味でしたが、いろいろとフレーバーがあるそうで、

次回は、チョコミント風味を楽しもう!ということになりました。

喫煙を推奨するわけではありませんが、面白い体験なので、

紹介させていただきました☆