京都ヒトマナビカフェの北林佳奈です。

2014年、早くももう6月。

「上半期がもう過ぎゆくの?!」という感じで
めまぐるしく、日々が過ぎていきます。

ヒトマナビカフェの上半期の流行語!?

2014年上半期。ヒトマナビカフェでたくさん飛び交った言葉があります。
それは、「夢」という言葉。

自分の「夢」とはなにかを考えよう、
「夢」を実現するための道のりを考えよう、
「夢」を持って生きるって素敵!

そんな「夢」にまつわるイベントや、会話がたくさん起こりました♪

幼い頃、「将来の夢は何ですか?」とよく聞かれたものですが
年齢を重ねるにつれて「夢」という言葉は
どんどん遠ざかって行ったように思います。

でも、どれだけ私達が歳を重ねても
「未来」や「将来」が存在し、なりたい自分の姿や
実現させたいこと、達成したい目標があるはずです。

でも、私も含めて多くの人が、どんどん現実を知っていくうちに
「もう今さら…」とか「どうせ私なんて…」と、夢を諦めようと
していたりする。

自分の夢を持ち、その夢に向かって本気で真剣に
一生懸命頑張ることができる、カッコいい大人が増えたら!
そんな想いを持って、このヒトマナビカフェは誕生しました。

歩みはゆっくりですが着実に、ヒトマナビカフェは
目指すべきプラットフォームの姿になるべく進化している。
会員さんとはじめ、ヒトマナビカフェに関わるたくさんの人の
熱い想いと、情熱に支えられながら。

ふと、そんなことを感じた北林なのでした。