京都ヒトマナビカフェの北林佳奈です。

61年ぶりの大雪となった京都の年始め。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

私は、雪かきからのスタートでした(^_^)

毎年恒例 祖母の家のお餅つき

年末は、恒例行事の祖母の家のお餅つきに参加してきました。
京都市内にある祖母の家には、まだ、おくどさんが現役活躍中。

かまどでもち米を蒸し、臼と杵で餅をつく、本格的な餅つきです。
親戚や知り合いが、一同に集まり、男性陣はつき手として
女性陣は返し手、または丸め手として。

お正月に神棚に備える鏡餅用、お雑煮用、かき餅用などなど
早朝から、午後3時頃まで、蒸してはつき、蒸してはつきの大仕事。

つきたてのお餅は、おいしさが違う、伸びが違う。
今年も、たくさんのお餅がつき、またたくさんのお餅を食べました^^

10906276_1004022312957657_3079945242190571542_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は、お餅も、おせち料理も、しめ縄なども、様々なものが
出来合いで売っていて、すごく楽ちんな世の中になりましたが
一つひとつ想いをこめて、自分たちの手で作るということも
大切なことのような気がします。

今後は時代に合わせて、そうした風習や習わしも
変化していくのかもしれませんが、出来る限り受け継いでいきたいと思います!

新しい2015年、みなさまにとって素敵な1年になりますように☆