京都ヒトマナビカフェの大八木です。

もうかれこれ2年くらい購読しているメールマガジン、
「動けば氣づく、氣づけば動く!エントモ日記」の中で

図星…

という言葉があったので、本日はそれを紹介します^^

揃えと乱れ

以下「動けば氣づく、氣づけば動く!エントモ日記」より抜粋
———————————————————-

世の中の「偽装問題」「組織のごまかし」の元凶は
「揃えられない人たち」ということです。
チーム(組織)を指導する時の根幹は揃える(整える)です。

ものごとが乱れるということは「やりっぱなし」ということ。
乱れていることに気づかないのは、小さなことに鈍感だということ。

取り返しのつかない大きなミスになるまで気づかない思考になってしまう。

乱れるという背景には「後でやろう」という妥協の心があります。
そしてかなりの確率で後回ししたことを本人は忘れます。

そのうちやろう、後でね、という考えのクセがついてしまいます。

心が整っていない時に、様々な悪行をしようとします。
ごまかしや悪事に対して鈍感になっていることでしょう。

————————————————————

「ずーぼーしー」∑(゚д゚lll)ガーン

私もつい「後でやろう、明日やろう」と物事を後ろ倒しにする傾向にあります。

何でも締切ギリギリ直前までに間に合えば良いと
思っているところがあるのですがそうなると、
細かなところには目が行き届かないまま、
目の前のことを完了させることだけに必死になります。

クオリティはあがらない、常に何かに追われているので精神的にも休まらず、
小さいことは気にならなくなる…

確かにこれでは物事をうまく進められる気がしません!

揃えと乱れ。

大掃除の季節でもありますし、身の回りを一掃して、
「揃える」を意識して、すっきり気持ちよく、新しい年を迎えたいと思います♪