京都ヒトマナビカフェの大八木です。

台風の後とても過ごしやすい、心地よい気候が続いていますね。
ふと、空を見上げると、雲ひとつない晴天だったり星がきらめく夜空だったり。
「素敵な空だなぁ」と感じる瞬間がたくさんあります。

今日は最近みた、今年一番の空を紹介したいと思います。
それは9月20日(金)の夜空。

この日は嵯峨嵐山にある、大覚寺の「観月の夕べ」に行った時のことでした。

 

平安貴族も楽しんだお月見

「観月の夕べ」とは、この旧嵯峨御所である大沢池で、
嵯峨天皇が文化人・貴族の方々と舟を浮かべて
中秋の名月を楽しまれたことから始まりました。

そんな平安貴族たちが、楽しんだ景色。

実際に大覚寺の中に入ると、大沢池が広がり、池の向こうには
煌々と美しく輝くお月さま。思わず「すごい!」と声をあげてしまうほどの美しさでした。

いつも街中で、たくさんの建物に囲まれながら見る月とは全く趣が違います。

本当に平安時代にタイムスリップしたような、そんな気分になりました。

大覚寺の観月の夕べは、一見の価値ありです!
あ、オススメは18時半ごろの月!

ぜひ、来年は足を運んでみてください^^

http://www.daikakuji.or.jp/

写真