京都ヒトマナビカフェの大八木です。

台風18号、京都は大きな被害を受ける形になってしまいました。

「あぁまた台風ね…」と、それほど重要視していなかった私は

朝目が覚め「雨、激しいなぁ、出勤するまでに何とか止んでくれないかなぁ」
くらいに思いながら、携帯を見ると「特別警報」のメール。

でも自分の家の付近は静まり返ってるし「特別警報」っていっても
そんな大したことはないだろう、と高をくくっていました。

でも、朝のテレビをつけて唖然…
渡月橋が…川に飲み込まれそう。

同じ京都市内でこんなにも状況が違う、ということに驚きました。

問題は危機意識のなさ

今回の台風で感じたことは、自分が危機意識を全然持っていないということ。

小さい頃から「警報」が出て学校を早退したり、休講になったりしても
「結局大したことなかったな」と思うことがほとんどだったように思います。

でもいつ自分の身にもふりかかるかわからない、
ふりかかってからでは遅い、だからいくら気をつけても、
気をつけ過ぎることはない。

そう思って、日々を過ごしていかなくてはいけませんね。

自然の脅威は簡単に太刀打ちできるものではありませんが
自分のことは自分で守る、日常からその意識を持つことが
重要だと感じた、今回の台風18号でした。