こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

先日、全く同じ誕生日の友人2人を祝う、合同バースデーパーティに

参加しました。

その友人というのは、カナダ人とオーストラリア人の2人です。

オーストラリア人の友人一行は、

日本に住む、同じ誕生日の友人と誕生日を一緒に祝うために、

2年ぶりにオーストラリアからやってきたのです☆

 

パーティは、彼らの共通の友人をはじめ、それぞれが連れてきた友人が

集い、かなり多国籍なパーティとなりました。

日本語と英語が飛び交うパーティ会場は、普段会社帰りのサラリーマンが

立ち寄りそうな、和風居酒屋です。カウンターしかない、小さな居酒屋です。

お世辞にも、オシャレとはいえません。

70歳を越えるマスターと、40代の息子さんが切り盛りするお店。

メニューは、全てマスターの手書き。

野球と女性が大好きな(笑)名コンビが営むお店は、

小さいながらも、いつも人であふれています。

ハートで分かり合う関係

このお店は、カナダ人の友人Nが、こよなく愛するお店です。

ふとしたきっかけで知り合った、70代のマスターと友人N。

マスターは、「オーケー, オーケー!!!」と、知っている単語を

並べるだけの英語しか話せません。

息子さんも、最近は少し英語に慣れてこられたようですが、

特別習われたことはありません。

そんな2人が、なぜNと仲良くなれるのでしょうか・・・・

「Nとは、ハートでつながってんねん。。。。」

マスターは、そうやって、Nとよく握手をしています。

言葉や世代、文化を通り越して、ハートで繋がる関係。

本当に素敵だと思います。

おいで、おいで!!!

そもそも、マスターが、人と壁を作らない方であることが

大きいのですが、このマスターの持つ「人を引き寄せる力」が

素晴らしい!

商売上手かというと、そうでは無いタイプだと思います。

それでも、いつも人で溢れるお店というのが、本当にすごい。

(やはり、商売上手と讃えるべきでしょうね。)

このお店にいると、帰宅途中の方々が、お店に入らなくても

「マスター、元気?」と、入り口の扉を開けて、

それだけを言いに来られます。

その時に、店に居合わせたお客同士が、

「おおおおお、久しぶり!」と、挨拶を交わしたり、

マスターが「入っていき!おいで、おいで!!」と、

魔法の言葉をかけると、いつの間にか、お店は満員。

 

気さくなお店の雰囲気は、自然と集う人々に笑顔をもたらします。

このきっかけは、もちろんマスターとその息子さんですが、

雰囲気を作るのに、重要な役割を担うのが、そこに集う人々。

まるで、ヒトマナビカフェのようです。

スタッフは、あくまでもキッカケでしかありません。

その中で過ごす時間を楽しく、有意義に過ごして頂ける空気は

お一人お一人に作って頂いています。

 

マスターの人柄と生き方に憧れるとともに、

マスターにまた会いに行こうと思う私は、

すっかりマスターのファンです☆