こんにちは、京都ヒトマナビカフェのスタッフ高田亜紀子です。

2月に映画館で見た、「レ・ミゼラブル」。(HPより写真引用)

ストーリーや演技に感動したのは、もちろんのこと、

やはり最も心揺さぶられたのは、音楽です。

映画館で見てから、何度も繰り返し、音楽を聞いています。

その中でも、私が最も心響いた曲は、「民衆の歌」

明日への未来を切り開く勇気。

口にするのは簡単だけど、実際に行動に移すのは、本当に怖い。難しい。

それを、一緒に前に進む仲間がいれば、

そして、その仲間と掲げる同じ想いを更に高揚するために歌を歌えば、

一歩前に進むことが、どんなに待ち遠しいことになることか。。。。

 

ひとりで進むことも素晴らしい。

でも、ひとりでなくてもいい。

たくさんの同じ想いを抱く友と、前進出来れば、それは、もっと素晴らしい。

 

改めて、そんなことを思いました。