京都ヒトマナビカフェの大八木です。

今日はメールマガジン『はたらく女性のヒトマナビ』の
取材をさせていただきました^^

今回のはたらく女性のお仕事は、ピアニスト。

私も、幼い頃ピアノを習っていたので、
その世界で生きる決断をされてこられた方のお話を
お聞きできるのは、とても楽しみでした。

取材の詳細は、後日配信するメールマガジンで
お伝えできればと思いますが、すごく考える機会を
いただいたので、今日はそのエピソードをご紹介しようと思います。

「自分が一生を歩んでいく道を決める覚悟」

小中学生の頃から、漠然とピアノの道で生きていきたい、
という想いは持っておられたそうですが、
いざ、道を決めようとすると、本当にこの道に決めてしまっていいのか、
自分よりももっと、レベルの高い人がたくさんいるこの世界で
やっていくのはどうなんだろうか…と、
何度も何度も葛藤を繰り返してこられたそうです。

その中で、時に立ち止まったり、違う道へ進んでもいいじゃないか、
と考えを改めたりすることを繰り返しながら、
それでもやっぱりこの道だと、また戻ってくる中で、
覚悟が形成され、その方の今があるというお話をお伺いしました。

私が一生歩んでいく道。

これから何で世の中に貢献していくのか。
何がしたくて、何が求められていて、何かできるのか。

自分の生きていく道を決めるための行動を
決して焦らず、日々の自分と向き合いながら、
心の向いている方向へ、着実に進んでいきたいものです。