こんにちは、京都ヒトマナビカフェスタッフ高田亜紀子です。

Facebookが当たり前のように浸透してきた今日この頃。

ようやく最近になって、Facebookを通して、情報の収集や自分自身の思考の整理、

さまざまな発見を得ることができるようになりました。

Facebookに投稿することが全てではありませんが、

普段の生活の中で気になったこと、感じたことをカタチで残すことにより、

それまでに見えてこなかったもの、気付けなかったことが

自然と意識できるようになりました。

金木犀の香り、夕暮れの空、秋刀魚の味わい、月のカタチなどなど・・・・・

と、風情ある感覚もどんどん養いたいと切に願う高田です。

 

女子大生の会話からの学び

先日、Facebookでもご紹介しましたが、帰宅途中の電車内での女子大生の会話です。

A「あ~、電車間に合ってよかった」
B「●ーソンだって、24時間なんやから、電車も24時間やったらいいのになぁ。」
A「思う~!!!!電車、がんばれよな!」
B「人に働けっつといて、明日は休みやねん。朝まで遊べたな(大笑)」

無茶を言うなぁと、思いつつも、そんなビジネスモデルもあるなぁと、しみじみ感じました。

と、Facebookに投稿しました。

そんな私の投稿に対して、いくつかコメントを頂きました。

「有限だからこそ価値がある」とか、「できるかもしれませんね」とか、

「他の都市だったら、若干工夫を施して、実施していますよ」とか、

「鉄道のメンテナンス時間の確保は必要なんですよ!」とか・・・・・

 

「不可能」を「可能」にすることから、新しいビジネスが生まれたり、

新しい発想が生まれるんだろうなと思いながら、

自分自身、あれやこれやと思いをめぐらせているときの、

他の方からのご意見。やっぱりそうか!と思うこともあれば、

目から鱗的に、なるほど~!と、思うことも。

 

Facebookを通して、ものの見方、考え方を養う、自身の訓練をすると共に、

他の方からのご意見を元に、更に学びを得る!!という、なんとも贅沢な学びに

奮闘している日常に、感謝です。