今更ながら…という声もあるかもしれませんが、
自分の日常を見直すという意味で、現在私は『7つの習慣』を読み直しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『7つの習慣』は、今から16年前、1996年に出版された自己啓発本。
きちんとした習慣を身につければ、人は必ず成功できると
『7つの習慣』を実践するための、ビジネス手帳や、
実践方法が詳しく書かれたムック本も出されるほど、巷では大ブームでした。

出会ったのは、大学4回生の春。

「これを読めば、私は変われる!」
そんな期待を込めて一所懸命読んでいた自分を今も思い出します。

そして結果は…結局何も変わらなかった…のです。
それは、ただ本を読むだけで満足をしていて、
自分ができそうな、簡単なことだけ少し実践はしたものの
継続したり、日々の生活の中に「習慣」として落とし込むことができなかったから。

しかし一方で、その後「この人はすごいな」「尊敬できるな」と感じた方々に、
「オススメの本はありますか?」と聞いてみると、
「7つの習慣はやっぱりいいよ」という答えがたくさん帰ってくる。

この差は何なのだろうか…
そんなことを思いながらも、結局本棚の肥やしになっていました。

 継続的な実践あっての習慣化

最近、30歳を目前にして、自分自身を客観的に見つめる機会があり、
自分が想像していた自分よりも、はるかに知識量は乏しく、
実力が伴っていない。今後、自分がどう生きていくのか、という漠然とした
不安を感じました。

そこで、今一度、『7つの習慣』を読み直すことに決めました。

今回は、しっかり時間をとって、
一つひとつ実践を繰り返しながら、真の成長につなげます。

 

せっかく良い本に出会っても、それを生かすも殺すも自分次第。
自分のものにして、これからの自分自身に存分に活かします!

ちなみに、『7つの習慣』はヒトマナビカフェのヒトマナビ文庫にも
置いてありますので、まだ読んだことない、今一度読み返したい、
というみなさんはぜひご覧ください^^