こんにちは、京都ヒトマナビカフェの高田亜紀子です。

朝おきて、仕事に行って、帰宅して、寝る。

その繰り返しが、どうもつまらない。

そんなフレーズをよく耳にします。

私だって、そう思ってしまうことがあるので、否定はしません。

しかし、そんな日々を繰り返すわけにはいきません。

どうせなら、楽しく毎日を過ごしたいですから。

目線を少し上へ。。。。

毎日が冒険の連続で、楽しくって仕方がない!!!

そんな生活は憧れますが、お腹がいっぱいすぎて、動けなさそうです(笑)

大冒険ではなく、ほんの少しの発見が、実は時間を楽しく過ごすエッセンスでは

ないかと、最近思うようになってきました。

最近、心がけていることは、歩くとき、ほんの少し目線を上にあげて、

目に映ったものを、観察するようにすること。

特に、最近は、空を見上げて、雲を見たり、月を見たりします。

 

そうすると、爽快な青空から元気をもらったり、雲の形から季節を感じたり、

上を見上げることで、目に飛び込むビルの形状であったり、

今まで気づかなかった看板の存在など・・・・・

ほぼ毎日足を運ぶ四条烏丸においてでさえ、日々発見があります。

そうすることで、今までなぜ目に入ってこなかったのか!!!という

「今更」に感じる情報も多々あり、それも面白いのです。

 

急いでいるとき、疲れているとき、気分が滅入っているとき。

ついつい下を見て歩きがちですが、少し目線を上げるだけで

とても大きなものが得られると実感する日々です。